お問い合わせ

レトロな梯子、定規、図面より思うこと

先日、お客様の解体現場へ行って参りました!(^^)!

築五十年の古いお宅を解体し新しいお宅を建築させていただきます。

お客様のお父様が大工さんだったからでしょうか、、

木の梯子、木の定規、弊社現場監督ですら何の図面か分からない(!)図面などなど

一般のお宅ではなかなか拝見できないようなモノがたくさんあり仰天(@_@)

梯子はもちろん定規まで手作り、図面は全て手書きです。

図面は漢文(?)であったり、和紙であったり、そもそも巻物の図面なんて見た事がない!!!

今はアルミで出来た持ち運び便利な梯子が大量生産(機械化=自動)され、

定規もプラスチック製で正確性のある定規が大量生産(機械化=自動)され、

図面は数字を入れれば自動計算をしてくれたり

パース(建物の外観や室内を立体的な絵にしたもの)が出来たり

とても便利な時代となりました。

先人は『自動』ではなく『手動』つまり手作業でそれを行ってきたわけで

改めて先人の英知や努力に驚かされ、そして頭が下がる思いでいっぱいです。

私共ナチュラルスタイルも、先人の恩恵にあずかりそして日々進化しながら

家づくりに一生懸命励んでいきたいと思います(^O^)/

(スタッフA)

 

住まいブログのボタンを押して、
ナチュラルスタイル応援よろしくお願いいたしま~す(●^o^●)
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2017-05-11 | Posted in blogComments Closed 

関連記事