お問い合わせ

目地の色?

こんにちは

巨大台風も過ぎ去りようやく秋が感じられるようになりました。
朝晩は少し寒いくらいです。
気温の変化に体調を崩しやすい季節ではありますが
食欲と読書の秋を存分に楽しみたいと思っているコーディネーターの登坂です!

さて、今日はタイトルの通りタイルの目地についてちょっとしたお話ですー。

タイルってよく見るとこんな感じの目地があるのはみなさんご存知かとは思います。

でもなんで目地って入ってるの?と疑問に思う方もいるかと思いますので少しだけ目地についてのお話。

タイルや石材を施工するには必要とされる目地は下記の役割を実ははたしているのです!!

•製品1枚1枚のサイズのバラつきを吸収する

•施工のバラつきをわかりづらくする

•下地(躯体)の収縮などで動きがあった場合の緩衝材となる

•下地への接着力を補強する

•外部からの水やホコリなどの侵入を防ぐ

これだけでも十分な役割をはたす目地ですが、、、
先日お施主様からこんな質問がありました。

『タイルを白タイルにして目地をビビットカラーに出来ますか?』

、、、??
ビビットカラー!?
以前までならタイルに合わせた近しい色で目地色を決めていたのでビビットカラーが出来るという発想がなかった私はとても驚きました!!
調べてみると各メーカーが多彩な色で目地色を作ってる!!

メーカーが出しているお色だけでなく、2色を合わせて目地の色を作ることもできるのです。

あまり目立たず、タイルの引き立て役になる目地ですが
ビビットカラー等のはっきりとした色をアクセントにするのも可愛らしい。。。

目地ってすごい。と思った瞬間!笑

普段お施主様と打合せをしていると教わることも多く
たくさんのことに気付かせて頂きます。

お施主様の大切な思いの詰まったお家。
1つ1つお施主様の気持ちに寄り添っていきたい
そんなことを改めて感じた打合せでした。

2019-10-17 | Posted in blogComments Closed 

関連記事