お問い合わせ

台風19号へ向けた事前の準備と心構え

いつもブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

ライフコンシェルジュの村山でございます。

 

強い勢力を持った台風19号が今週末に関東に上陸する予定です。とても不安ですよね。
自然災害はどうする事もできませんが、事前の準備と心構え次第で被害を小さくすることができます。
下記の通りまとめてみましたので、ご参考にして頂けたら幸いでございます。

<事前の準備と心構え>

■室内での備え

□バルコニー側溝の排水口のゴミを取り除く
□ベランダ、玄関周り、庭の飛散しそうなものをしまう
□24時間換気システムの一時停止
□雨戸、シャッターを確実に閉める。突風で窓が開いてしまう可能性もあります。一か所でも窓が開いてしまうと、建物内に急激な圧力差が生じて、他のガラスが吹き飛ぶ可能性もあります。
□窓にはガラス飛散防止フィルム(養生テープ)を貼る
□断水に備えて、浴槽やバケツなどに水を貯めておく
□食料・飲料水の補充
□スマホや充電器具を出来るだけ満タンにしておく
□非常用品の確認
・携帯電話の充電器・懐中電灯(LEDランタン)・携帯用ラジオ(乾電池)・救急薬品・衣類・非常用食品・携帯ボンべ式コンロ・貴重品など・水、電池、食糧のストックをしておく。
・ガスが止まることもあります。カセットコンロ、カセットガスもストックがあると安心です。
□停電時に慌てないように、懐中電灯など分かりやすい場所に出して置く。
□停電時にはTVやインターネットは使えません。携帯電話も通じない可能性があります。情報はラジオが頼りになることもあります。ラジオを聞くことが出来るか、電池が切れていないか確認しておく。
□窓の近くでは寝ないようにする。飛来物などで窓ガラスが割れた場合、怪我をする恐れがあります。ガラスが割れて室内に飛散した場合を考慮して就寝時に外履きを近くに置いておく。
□火災保険で風災の補償内容と万が一の事故に備えて連絡先を確認しておく。
□お住まいの地域の防災情報が発信されるWEBサイトやアプリ等を確認、情報を受け取れるように準備しておく。

<東村山防災navi>
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/bosai/bosai/boan2019051.html

 

★停電普及時の火災に注意しましょう
先日発生した台風15号では、停電発生後の電力復旧時に通電火災と疑われる火災が発生しています。
万が一の停電に備え、ご自宅等から避難するときは、電力復旧時の電気火災を予防するため、分電盤(ブレーカー)のつまみを「切」にして避難するよう心掛けてください。
電気の使用を再開する場合は、電気配線や電気製品の安全確認を行い、可能な限り消火器等を準備した後、復電の作業をしてください。
復電後、焦げたような臭いを感じた場合は、直ちに安全確認を行い、原因がわからない場合は、電気の使用を見合わせ、消防局または消防署へご連絡ください。
今のうちにお住まいの地域の消防局や消防署の電話番号を調べておくのも大切です。
最新の気象情報等は、気象庁ホームページ「防災情報」(外部サイト)をご覧ください。
ご自宅を確認して頂き事前に備えることが、被害を防ぐことにもつながります。
また、土砂災害や浸水、河川の増水にも警戒し、安全確保を心がけてください。

 

■屋外での備え

□建物の周りで不具合が無いか確認。雨どいや外壁が外れそうになっていたらご連絡ください。事前に外しておくだけでも被害が少なくなります。
□車のガソリンは満タンにしておく。
□雨戸やシャッターがある場合は閉めて鍵をかける。
□外部の風で飛びそうなものや倒れそうなもの(日除けタープ、よしず、すだれ、物干し竿、植木鉢、庭木(枝)、ガーデニング用品、ガーデン用品など)は、内部に取り込むか、下に下ろす、横に倒すなどし、風で飛ばないようにする。自転車が飛んでいってしまう場合もあります。自転車にもロープをかけるなど対策する。

■避難勧告が発令されたら

□暴風に入る前に迷わず避難。暴風に入ってしまっていたら、家の中で安全と思われる場所で通過を待つ。土砂災害や浸水の恐れのある場合は2階、暴風の危険のある場合は1階中央または風下側へ。

【台風通過中】

□もし被害が出ても、暴風時間には外には出ない。大きなトタン屋根が飛んでくることもあります。命が大事です。
□暴風時間内に窓や扉を絶対に開けない。様子を見ようと窓や扉を開けてしまうと、圧力差で窓や扉が吹き飛びます。

【台風通過後】

□建物の周りに飛来物が落ちていないか、壊れた箇所がないかをご確認ください。
□落ちている建物の部材(板金など)は保管してください。
□被害が発生した場合には、火災保険証をご用意して下さい。保険証券の内容を確認してどこまで保険適用になるか十分に確認をした上、慎重に現場調査を行います。
□被害状況の写真は、全景、中景、近景など、状況が分かるよう複数撮影してください。火災保険で家財も保険にご加入の場合は、家財も補償される場合がありますので、写真を撮影してください。

 

事前の準備と心構えをしておけば、安心して過ごす事ができると思います。慌てずに、落ち着いて行動して下さいね。

 

また、台風通過後、被害や異変がありましたらすぐにご連絡下さい。

現場調査を実施後、補修に入らせて頂きます。

 

今日もずっと弊社の現場監督が、施工中の現場安全対策に駆け回っております。

何かあればいつでもご連絡下さい。

 

被害や事故がでない事を祈っております。

2019-10-11 | Posted in blogComments Closed 

関連記事