お問い合わせ

ナチュラルスタイルとの出会いは運命だった!

こんにちは小山です。

みなさんは駅の看板を見ることがありますか?
ナチュラルスタイルの看板、あるんですよ!!
 

私は所沢駅の「家、ときどき別荘」この看板見て、
「自然素材の家ってカッコいいな、住んでみたいな」と一目ぼれしました(笑)
そんなナチュラルスタイルにお勤めをして、今春で1年となります。
実は面接のとき緊張しすぎて、この看板とナチュラルスタイルが同じ会社であることに気付かなかったのですが、思えば私がこの会社に働くのは「運命」だったのでは?と感じます(笑)

さて、自然素材の家ってなんだろう?
自然素材を使ったお友だちの家に行くと、本当に気持ちよくて思わず深呼吸をしてしまうくらい居心地がいいのですがメリット・デメリットってなんだろう?
床材について、お友だちの話しも含め調べてみました。
(我が家は一般的な「(合板)フローリング(材)」ですが、お友だちの家は無垢の床材です。)

『合板フローリング材』は数ミリの厚みの木を何枚も重ね合わせ接着して、
表面はコーティングされた印刷の木目柄を合板に張り付けているものが多いです。
 

まるでミルフィーユみたい(笑)

メリットは「施工が簡単」「硬く傷、シミがつきにくい」「低価格」
そしてコーティングのおかげで、いつまでもきれい♪(但しコーティング効果があるうちはですが)
デメリットは「接着剤の経年劣化」「傷がつくと目立つ」「カビやダニが発生しやすい」
表面コーティングで水分吸収しないメリットのですが、表面に湿気が溜まりやすくなり、
ホコリが加わるとカビやダニが発生します。
(家具の隅のホコリににダニが・・・なんて考えると恐ろしい)

『無垢の床材』は1枚板で、メリットは合板の硬さがなく、
キッチンでの立ち仕事も楽ですし、家の中で動き回る小さいお子さんにもぴったりです。
そして、湿気を吸収してくれるので、サラリとしてるのでホコリも付きづらく、
カビやダニの発生を抑制することができるので、お子様も健康的に過ごせます。
そして無垢床材の最大のメリット「冬」が暖かい。
1枚板で木の繊維がそのまま残っている無垢材の中に空気が含まれています。
その空気層が、部屋の暖かさと一緒に暖まるので、冬もスリッパが要らないくらいで、
暖房効率もいいので省エネになります。

もちろんデメリットもあり、
「施工に技術が求められる」
「傷がつきやすい」
「価格が高い」のですが
☆ナチュラルスタイルの施工は高い技術力を持っていて安心です。
☆傷は1枚板なので、重ね合わせたフローリングのように下の層が見えることがないので目立つことが少ないです。(友人感想「無垢は段々色も変化して深みを増していくし、傷も目立ちにくくなってる(笑)」だそうです)
☆主なハウスメーカーさんではオプション扱いで高額になりがちな自然素材ですが、
ナチュラルスタイルは「定額制ビュッフェ」がありますので、安心して夢を叶えることが出来ます。
(メンテナンスなどのお話しは宿題にさせてください^^;)

「フローリング」と「無垢床材」それぞれメリット、デメリットがありますね。
ぜひ気軽にお問合せください。
疑問やご相談の1つ1つ一緒に考え、解決しながらお家つくりしていきましょう。

2020-02-12 | Posted in blogComments Closed 

関連記事